補習塾の経営・運営

学校で進められる授業がわからない、理解できないという子供は多く、学力上位層を除いて需要が多いのが、補習塾です。

学校で学習した範囲を再度学習し、定着を図るのですが、実際のところほとんど学校の授業を理解していないケースが多いでしょう。学校の先生の質の問題なのか、環境の問題なのか、生徒自身に問題があるのか…

とにかく、学校の補習というスタイルではありますが、0から学習するという感覚が先生には必要でしょう。まずは徹底的に基礎固め、時には既習単元に遡っての指導も必要になってきます。それが、補習塾の役割です。短所は、勉強意欲が著しく欠けている生徒、問題行動を起こす生徒が集まりやすい・・・という点にあります。

がしかし、こういった学力層が今後ますます増加し、かなりのニーズが見込まれます。これらの生徒にとって助けとなる塾を作ることが出来れば、社会的にも大きな意義を持つだけでなく、経営的にも良い効果をもたらすことでしょう。