自宅兼用塾の経営・経営

教室用として新たにテナントを借りたりすることなく、自宅の一室を教室用に空け、そこを学習塾を運営できるように設備を整え開業する形式です。設備投資も、机、イス、黒板かホワイトボードを揃えるだけの費用で済みます。使用するテキストは教材会社に電話して、何種類か見本を送ってもらい検討して、数冊仕入れる程度で良いでしょう。新入生が入り次第必要なテキストを発注するようにし、無駄な在庫を抱えないようにしましょう。

【一般的な月謝】
●入学金:10,000円
●月謝:15,000〜24,000円程度
●週2〜3回の授業
●テキスト代:10,000円程度〜 (五教科)
 ※通常のテキストは、通年用で、講習の際、別途テキストを購入してもらうのが一般的です。

地域によってはもう少し安いところもあります。他塾の兼ね合いも見て設定することをおすすめします。安い=生徒が集まる というわけではないのでご注意を。授業をやれどもやれども売り上げが上がらなくなってしまうことのないように、適切な料金設定を他塾と比較して設定しましょう。

テキストは練習問題が多く必要な教科は宿題用に問題集を持たせると楽です。1冊あたりの卸値はだいたい700円〜1000円くらいです。市販のテキストよりも当然安く仕入れることができるので、少しくらいの利益をあげることも可能です。