進学塾の経営・運営

特設・選抜クラスなど別に設けたり、難関校合格に向けて特化した授業を行います。特設・選抜クラスに入れない子供についても、入塾の際には入塾選考テストを行い学力の高い子供を選定して入れて、上位校合格に向けての授業を行っていくスタイルです。

入塾選考テストを行いますので当然、成績的には優秀な生徒が集まります。そのため、指導としてかなり楽になるでしょう。勉強しようという意気込みがかなり高い生徒たちの集団ですので、宿題を出してもきちんとしてきますし、集中力もそれなりにあります。学習塾としては理想的な形態かもしれません。

短所は、ある程度、実績の学習塾でしかできない指導であり(実績がないと、入塾してこない)、少子化が進んでいる現状においては、成績の良い生徒だけをとる・・・・というのは危険です。ただ、教育熱の高い地域限定では人気が上がるケースはありそうです。

確かな合格率を残せる指導力と、地元に認められるまでの忍耐力が、発展する進学塾の経営・運営には必要だと言えるでしょう。