少子化対策

学習塾経営者・運営者の戦略

【少子化対策】

FCオーナー募集広告を見ると、ほとんどの塾が個別指導塾です。”今や個別指導がトレンド”といった感じですが、

少子化=兄弟が少ない・いない=1人に、よりお金をかける傾向にある=多少金額が高くても、一人ひとり指導してくれる個別指導を消費者は選ぶ。

といった故の現象です。
集団塾は、淘汰されてきているようですが、大手の学習塾は勢力を伸ばしてきているだけに、まだまだやりようによってはどちらの形態でも成功できる可能性はありますが、現状を見る限りでは、少子化現象は個別指導の形式に風が吹いているようです。

また、個人で学習塾を経営・運営面から見ても、個別指導のスタイルの方がやりやすいかもしません。