生徒の集め方

◆生徒の集め方

学習塾を経営する上で、「生徒の集め方」の方向性がしっかり定まっていないと、延々と赤字が続く教室になってしまう恐れがあります。

よくある考えとしては、

・いい授業をしていればいつかきっと生徒が集まる。
・チラシをまけば、生徒が集まる。
・地域に認知されれば生徒が集まる。
・生徒の成績が伸びれば、口コミで生徒が集まる。

いずれも間違いではありません。(チラシも、まぁそれなりに効果はあるはずですし…)
きっと上記のような学習塾は繁盛する教室となることでしょう。

しかし、その「集まる」時期はいつのことになるのでしょうか?

地域に認知され、口コミで良いウワサが流れ、実際に保護者や子供が通いたい学習塾であると思ってくれるまでどれだけの歳月が必要なのでしょう?

それまであなたの学習塾の収益は大丈夫なのでしょうか?

収益が思うようにあがらないと、負のスパイラルに陥ってしまう可能性が高まります。つまり、販売促進のために使うべきところに使うべき金額を出すことができず、中途半端な販売促進となってしまい、その結果また、生徒が集まらず……といったようにです。

学習塾のオープンから、もしくは生徒の集め方を模索している今から、生徒の集め方を戦略的に行い、早い段階から正のスパイラルに入りこめる学習塾経営を行うことを考えるべきではないでしょうか?

では、どのようにして生徒を集めるべきなのか?

生徒の集め方は実際に多くの生徒が集まる学習塾を作り上げた人から学ぶのが一番です。

詳しくはこちらからどうぞ>>一ケ月以内に生徒を集める方法