生徒の声を聞くこと

学習塾に通ってくる生徒は、学校のこと、友達のこと、家庭のこと、勉強のことなど、多くの悩みを抱えている年頃です。積極的に話をしてくる生徒はどんどん悩みを打ち明けてくることも多いですが、なかなか自分からは話してこない生徒に対しては、言葉の端々や表情などで察知し、できる限りの手助けをしてあげるのが望まれます。

まずは、生徒の声を聞くこと。聞いてもらえるだけでスッキリすることが多いです。そして、出来る範囲内でアドバイスができると良いでしょう。学習面だけでなく精神面でも大きな支援者となれるような人が望まれます。

学習に関するアドバイスのみならず、精神的な支えとなれるような学習塾が今の生徒には求められているような気がします。