しつけをしっかりできること

塾が乱立する今の時代、学習だけを教えていれば良いという考えでは生き残ることは難しくなってきます。保護者からの意見で最も多い要望の一つとして、学習に対する姿勢の指導と、しつけ指導が挙げられます。

本来ならば家庭でしつけを行うべきことだとは思いますが、時間を共有することが時間的に少なくなっているからか、そもそも親自身が自信がないため、しつけができていないのか、理由はさまざまではあるけれど、学校や学習塾などのような他の場所にしつけ指導を求める親が多くなっています。

昨今のニュースなどでも、若年者のモラル低下など、しつけを施す必要性を痛感させられる出来事を多く目にします。

親がしつけることができない、地域社会も自浄作用をもたない、学校でも教育できないといった状況では、学習塾が最後の砦になるといっても言い過ぎではありません。

真剣さ、熱意は必ず生徒に伝わります。自分のことを本気で考えているといういことが感じられれば、子供は心を開き、私たちの伝えたいことを理解するはずです。要は、その子のことをいかに真剣に考えられ、本気で指導できるかにかかっているといえます。