営業マンの要素を忘れない

学習塾を経営・運営するにあたって、教育者という側面が必要なのは当然ですが、同じように大切なのが、営業的視野です。

学校とは違って、利潤を追求しないといけません。それでなくては、人を雇うことができないばかりか、経営者・運営者自身が暮らしていけなくなってしまいます。

金銭的不安は、様々なところに悪影響を及ぼしてしまいます。日常の暮らしはもちろん、日々の仕事に暗い影を及ぼしてきます。良い指導をする妨げになってしまうケースも多々見受けられます。

「与えたサービス=受け取る報酬」という図式が自分自身の中で確立出来ていれば、むやみに割引きすることもなくなりますし、お金を徴収することに罪悪感(無意識的なものがほとんどですが)を感じることもなくなるでしょう。

新規入塾生を獲得するために何をすべきか。どうすれば他塾に差をつけることができるか。
在塾生の長期通塾のために何をすべきか。どうすれば誰も辞めずに続けてもらえるか。

営業的視野からも、実務的な考察ができます。

利益がたくさん出れば、塾生にも還元でき、ますますの教室の発展が図れることでしょう。